AST・GOTを知らない人はまずは言葉の意味をチェック!

AST(GOT)の血液中の濃度を知ることによって、
自分自身の肝臓の健康状態を知ることが可能です。
一般的に、肝機能の検査として使われます。

 

○AST(GOT)について
体の中の、アミノ酸などの代謝に関係がある、酵素がAST(GOT)といわれます。
AST(GOT)は、肝臓だけでなく
心臓、骨格筋、赤血球にも多く含まれているんです。
このなかでも、一番肝臓に多く含まれているので、
AST(GOT)が肝機能の検査項目とされているのです。
肝臓に一番多く含まれているのですが、
AST(GOT)は、別の臓器にも多く含まれている為、
AST(GOT)単体だけでは、確実に肝機能の状態を知ることは出来ないのです。
また、AST(GOT)は
逸脱酵素ともいわれています。

 

○AST(GOT)の数値
AST(GOT)は、
組織に障害などがあると、
細胞中から、血液中にあふれ出してしまうのです。
肝臓だけでなく、
AST(GOT)を含んでいる臓器が障害をもってしまうと、
AST(GOT)の数値は上昇してしまいます。
これにより、
AST(GOT)と一緒にALT(GPT)の数値もあわせてみながら、
検査をするのが一般的です。
AST(GOT)は、ALT(GPT)よりも、
たくさん肝臓に存在しているのですが、
AST(GOT)を含む臓器はほかにもあるため、
AST(GOT)単体での数値をみても
肝臓が障害を抱えているとは判断しにくいからです。
AST (GOT)がALT(GPT) の数値よりも

上昇している場合は、骨格筋、心疾患も疑われます。
AST(GOT)の数値だけが上昇している場合は、
肝臓の病気だけでなく、骨格筋疾患や血液疾患も疑い、
検査をしていく必要があります。
AST (GOT)の数値とALT(GPT)数値が
どちらとも上昇してしまっている場合と、
ALT(GPT)だけが上昇してしまっている場合は、
肝臓の病気が疑われます。
そして、AST (GOT)は赤血球中にも存在しており、
AST (GOT)の数値の上昇の原因として、
溶血性貧血などの溶血性疾患の原因も疑われます。

 

○AST (GOT)の診断
健康診断などで
血液検査がありますよね。
このときの、肝機能の検査として
AST (GOT)の数値がもちいられます。
また、肝疾患、骨格筋疾患、心疾患の病気が疑われるときも、
AST (GOT)の数値を定期的に調べて経過観察をする場合もあります。

 

▼AST (GOT)の基準値
基準値…10IU/lから40IU/l

 

▼AST (GOT)の数値
AST (GOT)の数値が上昇している場合、
疑われる病気…
「肝疾患」
急性肝炎、慢性肝炎、肝癌、肝硬変、脂肪肝

 

「心疾患、骨格筋疾患」
心筋梗塞、多発性筋炎、筋ジストロフィー

 

「血液疾患」
溶血性貧血

 

「その他」
胆肝炎、膵炎、胆道癌

 

▼検査を受ける前
検査をするにあたって注意すべきことがあります。
・検査をする二日前からは、激しい運動をしない
激しい運動をしてしまうことで、
AST (GOT)の数値の上昇に繋がってしまう場合があります。

関連ページ

ALT・GPTの数値の見方
こちらではアセトアルデヒドが人体に及ぼす影響と、肝臓の健康状態を表す項目や数値などの情報を纏めています。アセトアルデヒドをサプリで撃退し、美味しくお酒ライフを楽しみましょう!
γ‐GTPの数値の見方
こちらではアセトアルデヒドが人体に及ぼす影響と、肝臓の健康状態を表す項目や数値などの情報を纏めています。アセトアルデヒドをサプリで撃退し、美味しくお酒ライフを楽しみましょう!