ALT・GPTを初めて聞く方は必読です!

ALT(GPT)とは、
血液検査での、肝臓の状態を知ることができる数値です。
今回は、
ALT(GPT)について詳しく紹介していきます。

 

○ALT(GPT)
ALT(GPT)とは、どんなものなのでしょう。
ALT(GPT)の
ALTとは、アラニンアミノトランスフェラーゼの略をさしています。
なぜ、(GPT)とついているのかというと、
以前は、GPTと言われていたからです。
GPTは、グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼの略です。
現在では、国際的基準で統一されたため、
ALT(GPT)と言われています。

 

そして、ALT(GPT)とは、
細胞内で作られている酵素のことをさしています。
そして、ALT(GPT)のほとんどが
肝細胞内に含まれているのです。
このALT(GPT)は、
アミノ酸や、エネルギーの代謝に役立ちます。
そして、なんらかの原因で
肝細胞が攻撃をうけてしまうことによって、
ALT(GPT)は血液中にあふれ出してしまうのです。
これにより、血液中のALT(GPT)数値が上昇してしまいます。
ウイルスによる感染、アルコールの飲みすぎなどで
肝細胞が攻撃をうけてしまうことが原因です。

 

○ALT(GPT)の基準値とは
ALT(GPT)
基準値…30IU/L以下
この基準値を超える高い場合などは、
肝機能の病気が疑われます。
これは、ALT(GPT)が肝細胞におおく含まれているためです。
そして、ALT(GPT)以外にもAST(GOT)といわれる数値も
肝臓に大きく関係しているので、
この二つを比べあわせて
どんな病気か見分けていきます。
ALT(GPT)の数値が基準値を上回ってしまうことで、
考えられる病気として、
ウイルス性肝炎、アルコール性肝障害、非アルコール性脂肪肝炎、肝硬変
などが考えられます。
そして、すでに病気が進行してしまっている場合がおおいので、
早めに医師と相談し治療を始めましょう。

 

○ALT(GPT)の数値が高い時は
ALT(GPT)の数値が基準値を上回る場合は、
肝細胞が何らかの原因で攻撃をうけている場合があります。
そして、肝臓が働きすぎていて、
肝臓におおくの負担がかかっていることが考えられます。
このことから、ALT(GPT)の数値が基準値を上回る場合は
肝臓の休暇日をとってあげるとよいでしょう。
そして、肝臓の休暇日のことを「休肝日」ともいいます。
これは、肝臓にとって大切なことになります。
どんな休肝日をもうけるかというと、
肝臓機能の低下に繋がる、
タバコ、お酒をやめる日をつくってあげるということです。
これは、週に二日以上してあげるとよいでしょう。
また、脂っこい食事も肝臓にとっては負担となります。
休肝日には、タバコ、お酒をやめ、
さらにカロリーをおさえて

肝臓を休ませてあげましょう。
また、肝臓機能を上げてくれる食べ物も効果的です。
牡蠣、しじみ、レバーなどが
肝臓機能をあげてくれます。

 

 

関連ページ

AST・GOTの数値の見方
こちらではアセトアルデヒドが人体に及ぼす影響と、肝臓の健康状態を表す項目や数値などの情報を纏めています。アセトアルデヒドをサプリで撃退し、美味しくお酒ライフを楽しみましょう!
γ‐GTPの数値の見方
こちらではアセトアルデヒドが人体に及ぼす影響と、肝臓の健康状態を表す項目や数値などの情報を纏めています。アセトアルデヒドをサプリで撃退し、美味しくお酒ライフを楽しみましょう!