肝臓の数値を表す指標記事一覧

ALT(GPT)とは、血液検査での、肝臓の状態を知ることができる数値です。今回は、ALT(GPT)について詳しく紹介していきます。○ALT(GPT)ALT(GPT)とは、どんなものなのでしょう。ALT(GPT)のALTとは、アラニンアミノトランスフェラーゼの略をさしています。なぜ、(GPT)とついているのかというと、以前は、GPTと言われていたからです。GPTは、グルタミン酸ピルビン酸トランスアミ...

AST(GOT)の血液中の濃度を知ることによって、自分自身の肝臓の健康状態を知ることが可能です。一般的に、肝機能の検査として使われます。○AST(GOT)について体の中の、アミノ酸などの代謝に関係がある、酵素がAST(GOT)といわれます。AST(GOT)は、肝臓だけでなく心臓、骨格筋、赤血球にも多く含まれているんです。このなかでも、一番肝臓に多く含まれているので、AST(GOT)が肝機能の検査項...

血液検査の項目にあるγ-GTPについて詳しくご紹介していきます。○γ-GTP肝臓、すい臓、腎臓、血液中に含まれているのが、γ-GTPです。そして、たんぱく質を分解する酵素が、γ-GTPなのです。γ-GTPの数値が上昇する理由として、アルコール、薬などが原因で、細胞が攻撃をうけてしまい、結石、癌で胆管の通り道がふさがれてしまうことによって、血液にγ-GTPがあふれ出してしまい、数値が上昇してしまいま...